カラーチャート

中綴じ印刷が最新の宣伝手段|困ったら業者に依頼

広告としての利用

名刺

名刺の役割は社名や氏名を相手に伝えることですが、必ず受け取ってもらえる特徴があるため広告としての利用をすることができます。名刺を個人的に作ることができますが、デザインや紙質に難点があるため、業者に依頼した方が相手の注目を引く名刺を作ることができます。

高品質で安価な製品

グッズ

ノベルティグッズは、定番アイテムから目を引くデザインのものまでさまざまです。企画から開発まで行う会社や得意とする商品のみを扱う会社までと制作会社により異なりますので、責任をもって安全でインパクトのある製品を提供してくれる業者を選びましょう。

冊子作りは業者に

印刷

急ぐ時や大量生産に便利

無線綴じは、本のノド部分を接着させてから表紙でくるんで製本します。これは表紙と本文をしっかり固定できるため、ページ数の多い印刷物の製本に向いている方法です。ただしこの製本では、180度展開できないため本の綴じ部分が見えにくい状態になります。そのため、見開きや綴じ部分の原稿の作り方に気を付けなくてはいけません。これに比べて中綴じ印刷は、印刷物を二つ折りにして中央部分をホチキスで止めます。このおかげで180度以上本を展開でき、隅々まで見やすい紙面を作ることが可能です。とはいえこの中綴じ印刷は、あまり厚手の本の製本には向きません。基本的に取り扱い説明書やパンフレットのような、薄めの冊子の製本に最適な製本のやり方といえるでしょう。また中綴じ印刷は個人やオフィスでも作ることが可能ですが、印刷の際の面付けがやや複雑です。慣れていない方では、印刷や面付けの方法で間違える恐れがあります。さらに使うホチキスも、通常の物では中綴じ製本できません。中綴じ印刷で使用するには、それ専用のホチキスが必要になるはずです。そんな理由からも、業者に依頼して作成した方が面倒なく制作できるでしょう。しかも業者に印刷を発注すれば、本文や表紙もコピーではなく見やすいオフセット印刷にできます。その上PP加工や前ページフルカラーの冊子など、凝った作りの本を作成するのも不可能ではありません。それに加えて少部数から大部数まで対応できるので、いろんな場面で使用する冊子作りに活用できるでしょう。

サブリミナル効果が重要

ノベルティ

販促グッズを活用するときに重要なのがサブリミナル効果を発揮させて消費者の意思決定に働きかけることです。頻繁に目にして使ってもらえるものを選ぶのが大切であり、企業や商品について記憶の片隅に置いてもらえるようにしましょう。