レディ

中綴じ印刷が最新の宣伝手段|困ったら業者に依頼

広告としての利用

名刺

綺麗に作成するために

名刺の役割として、大きいところでは取引先や顧客に対して、社名や部署、それに氏名を知ってもらうことですが、ビジネスで名刺を使うメリットとしては他にもあります。まず、名刺は直接手渡しすることが多いため、必ず見てもらうことができます。デザインや上質な用紙を使ったチラシを作ったとしても、しっかりと見てもらわないと効果は全くありません。その点、名刺は受け取りを拒否されることはほぼなく、一度は見てもらうことができます。そこで、社名や氏名といったお決まりの文言を名刺に印刷するだけでなく、大きくアピールしたいことを目立つように印刷すれば最高の広告として使うことができるのです。広告として名刺を使う場合には、目を引くためのキャッチコピー、それに限られたスペースに効果的に配置するデザインがなければなりません。最近では個人で利用するプリンターの性能がよくなり、個人的に名刺を作成する人が増えていますが、プロのデザイナーによってデザインされた名刺と比べると相手に記憶させる強さはプロが作った名刺にはかないません。デザインだけでなく、手作りする場合はミシン目があらかじめついていたり、シール式のものがあったりします。しかし、ミシン目がはいっていると縁のギザギザが相手に悪印象を与えたり、シール式のものは剥離するときに丁寧にはがさなければいけないため大きな手間になります。名刺の作成を業者に頼めば、目を引くデザインを提案してくれ、紙質や色も多くのものから選ぶことができます。